負担が少なくなる

介護支援ソフトの価格について

介護支援ソフトは、福祉介護施設などで使われる介護保険ソフトのことです。介護施設を経営する上で重要となってくるのが介護保険の請求になりますが、保険請求業務は非常に煩雑であり、また法令の変更などもあり、逐次それに対応しておく必要があります。そのため、システム化を導入しない場合の担当者の負担がとても大きいものとなります。そこで登場したのが介護支援ソフトになります。介護支援ソフトでは、介護保険の請求はもちろん利用者管理にも役立てることができます。介護支援ソフトはパッケージ版やインターネット上のシステムを利用するものの二種類がありますが、おおむね価格としては、パケージ版では15万円前後し、インターネットを利用したものでは月額あたり2千円程度で利用できるものがあります。

システム化するメリットとは

介護支援ソフトを導入するメリットとしては、第一に作業の効率化が行えるということです。介護保険の請求はもちろん、利用者の管理も行えるため、効率よく利用者にサービスを提供することができます。またインターネットから行うシステムの場合には、パッケージ版にないメリットが多くあり、例えばメンテナンスが必要ありませんしシステムは自動的にアップデートされるので、最新の状態に保つことができます。また一括して管理されているので、介護施設にトラブルが発生したとしてもデータは保護されますし、外部からの攻撃に対してのセキュリティ面でも万全なので安心して利用することができます。それに、これらの介護支援ソフトでは、端末を選ばないのでパソコンやスマートフォン、タブレットPCからの入力も可能というメリットがあります。